社員紹介TOP  >>  社員紹介−09プラント設計

■プロフィール

プラント設計室
2005年 神奈川大学 経営学部 国際経営学科卒
2007年 ヒラテ技研入社
営業職から技術職を目指しヒラテ技研に入社
入社以来、ごみ焼却施設関係のプラント設計に従事
■現在の業務内容
元となる計画図から、実際に作るための工事用図まで
プロジェクトの設計を順次進めていきます。
私は2007年にヒラテ技研に入社し約7年間、JFEエンジニアリング環境設計部において、家庭から排出されるごみを処分するごみ焼却炉の設計業務に携わっています。具体的な業務内容は計画図から詳細設計図の作成、それに付随する書類の作成です。図面の種類は主に3つあり、設計の元となる計画図、お客様に承諾を得るための承諾図、実際に物を作るための工事用図があります。これらを順に作成していき設計を進めていきます。
プロジェクトにより様々ですが、1つのプロジェクトで約1年半から2年程度かけて設計を行っています。
■今までで印象に残っているエピソード
自分が携わったプラントが、実際に稼働しているのを見ると感動します。
初めて自分の書いた図面が実物となり工場に納められているところを見たときです。自分が携わったプラントを実際に稼働しているのを見ると感動します。ごみ焼却炉の設計は、長い時間をかけて行うので苦労した甲斐があったと思わせてくれます。また、実際に目で見てはじめて気付くこともある為、改善点を発見すると次の仕事へのモチベーションとなります。

■入社を決めた理由は
営業職から念願の技術職へ

私は技術職をやりたくてヒラテ技研に入社しました。
以前は営業職だったので全く違う分野からの転職でしたが、入社後の先輩方の指導によりハンディキャップを乗り越えることができたと思っています。ヒラテ技研には様々な経験を持った人材が豊富にいるので、そういった方々の知識とスキルを学ぶことができるところが良いところだと思います。


■技術者として働く上で大切にしていること
「当たり前のことをちゃんとやる」ことです。
私が日々の業務をこなす上で大切にしていることは「当たり前のことをちゃんとやる」ことです。
設計業務は完璧に仕事をこなして当たり前の仕事です。自分の仕事が不完全であれば携わった商品が不完全なものとなり顧客満足に影響を与えてしまいます。また、設計業務は様々な部署と連携して業務を進めます。相手が、当然わかっているだろうとか言わなくてもやってくれるだろうと思い込み業務を進めると失敗に繋がってしまいます。ですので、報告・連絡・相談をしっかりするように心がけています。
■入社する人へのメッセージ
お客様に満足して頂ける商品を提供する意識を持って欲しいと思います。
どんな仕事でも同じだと思いますが、お客様に満足して頂ける商品を提供する意識を持って欲しいと思います。
現在、ヒラテ技研ではCS(Customer Satisfaction) アップを目標に掲げ業務に取り組んでおり、社員一人一人が顧客満足度向上について考え、取り組んでいます。自ら考え結果を得られた時には「やりがい」を感じられます。新しく入社する方も同じ意識を持って一緒に取り組んでいきましょう。